2016年6月10日〜6月20日
Veveyに4月17日開館した、Chaplin's Worldに行ってみたい。Veveyに行くならmorgesも近い。前回、オードリーの墓に行ったときは雨だったので、もう一度行ってみたい。行くならチューリッヒかジュネーブ。スイスは物価が高いので、早々と抜けて、オーストリアへ。前回は素通りしてしまった、リヒテンシュタインの首都、ファドゥーツに立ち寄り、インスブルックへ。大好きなザルツブルクでゆっくりして、ザルツカーマングートの山々へ。そして、中央駅が完成して、ザルツブルクからの電車が中央駅、ウィーン空港に直通することになっったので、ウィーンから帰ってくる予定を立てました。そんなこんなをしていると、オーストリア空港の成田〜ウィーン便が9月4日をもって撤退というニュースも飛び込んできて、オーストリア航空最後の搭乗かなと思ったりもしました。そして、日にちが経つにつれ、ヨーロッパの天候不順が聞こえてきたので、雨の日用の予定も考えて、計画を組みました。
6月10日 成田〜チューリッヒ空港〜モルジュ
6月11日 モルジュ〜ヴェヴェイ〜トロシュナ〜モルジュ
6月12日 モルジュ〜チューリッヒ〜サルガンス〜ファドゥーツ〜サルガンス〜インスブルック
6月13日 インスブルック
6月14日 インスブルック〜ザルツブルク
6月15日 ザルツブルク〜ベルヒテスガーデン〜ザルツブルク
6月16日 ザルツブルク〜ダッハシュタイン〜ザルツブルク
6月17日 ザルツブルク〜サンクトウォルフガンク〜シャーフベルク〜ザルツブルク(カプチーナベルク)
6月18日〜20日 ザルツブルク〜ウィーン〜成田
6/10
今回はスイスインターナショナルで成田からチューリッヒへ。空いているかなと思いきや、ほぼ満席でした。飛行機はほぼ定刻にチューリッヒ空港に到着。ここから、スイス国鉄でローザンヌを経由してモルジュまで行きます。空港を出て、まっすぐに行くと電車の乗り場があります。切符売り場は混雑。事前にネットで切符は買ってあったので、予定していた、1時間前の電車の乗れました。でも、すごい混雑。なんとか座れてホッとしました。電車はチューリッヒ中央駅で、またたくさんの乗客を乗せて出発。なぜか、電車のアナンスはフランス語ばかり。乗客の会話もフランス語。検札の人もフランス語でした。なぜ?ベルンを過ぎ、ドイツ語圏とフランス語圏のボーダー、フライベルクでかなり人が降りて、電車の中はゆったりしてきました。ローザンヌで乗り換え、一路モルジュへ。モルジュの駅は工事中。ホテルは歩いて10分くらいの旧市街にあります。途中、ボル財団のオードリー展の前を通り、ホテルに着いたのは19時ごろでした。かなり疲れたの、早めにベッドに入りました。
今回利用したスイスインターナショナル
機内食
チューリッヒ空港
チューリッヒ空港駅へ
このボードで乗る列車を確認
この列車でローザンヌへ